体に調和した噛み合わせの重要ポイント

体に調和した噛み合わせの重要ポイント生体に噛み合わせを調和させるということは、三次元的な診断が必要になります。
間違っても歯に体を合せることはできません。

まずは模型が必要になります。
ただ模型を見ていても何もわかりません。
この状態だと単なる石の塊と同じなのです。

歯並びを三次元的に見るだけなのであれば、それで十分なのかもしれません。
しかし、その歯の傾き、どんな向きにどう付いているかなどは全くわかりません。
まずは人の正中、頭蓋骨からの位置、顎関節からの位置を正確に記録していかなければなりません。
そのための装置がフェイスボウというものです。
また、フェイスボウだけあっても意味がありません。
咬合器という噛み合わせを診断する装置が必要になってきます。
そこで初めて模型が左右対称なのか?前後的左右的な湾曲が正しいのか?を三次元的に診査していきます。

そして、下の歯形を合せて見ていきます。
このときに日常的に噛んでいる位置と顎関節から見て噛んだ位置がどのくらいズレているかを見ていきます。

最後に動かしてみて噛み合わせの状態、もしくは顎関節にどう影響を及ぼしているのかを診査診断していきます。

ページトップへ

顎関節症・咬み合わせ治療のオーラルリハビリテーションセンター

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル8F JR渋谷駅より徒歩4分 東京メトロ・東急線渋谷駅 13番出口より徒歩1分

JR渋谷駅より徒歩4分 東京メトロ・東急線渋谷駅 13番出口より徒歩1分

ご相談・ご予約は、お気軽にお問い合わせください。

WEBからのご予約も受付中!

詳しくはこちら

Copyright(c) 2009 Oral Proportion Clinic All Right Reserved.
Website Produced by Orange Communications